2010年04月03日

日医会長選、3候補が岡山で政策演説会(医療介護CBニュース)

 日本医師会の会長選挙に立候補している唐澤祥人氏(現職)、原中勝征氏(茨城県医師会長)、森洋一氏(京都府医師会長)は3月27日、中国四国医師会連合が岡山市内で開いた政策演説会に出席し、医療費の財源確保策などに対するそれぞれの考えを示した。会長選には金丸昌弘氏(京都府医師会)も立候補しているが、この日は出席しなかった。

 原中氏、唐澤氏、森氏の順に演説し、医療費の財源確保策としては、原中氏が「まず手を付けられるのは社会保険料」「事業者負担を上げればかなりの財源が確保できるのではないか」などと提言。唐澤氏は、「消費税が上げられてもそれが医療費として回していただけるかどうか分からない」「詳細な分析に基づいて政策提言する必要がある」などと訴えた。森氏は、「国民も、医療を守るために一定程度の負担をしなければいけないという機運が出ている」と述べ、医療保険の保険料率を引き上げる一方、窓口の患者負担(現行3割)を2割に下げる形を提案した。

 一方、政権との関わりについて、原中氏は日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の機能を強化し、「政府に対してものの言える日医」を作ると強調。「民主党には引きずられない」と語った。
 唐澤氏は「どのような政権が誕生しても、日医の使命は医療に対する国民の声を集約し、専門性を発揮して医療政策の方向性を提示することだ」と述べた。
 森氏は「政権に左右されるのではなく、国民のために」などと述べ、国民の支持を背景に政策を訴える考えを示した。

 今年夏の参院選で自民党の西島英利氏を推薦するかとの問いには、これまでの機関決定を尊重し、現時点では推薦するとの考えで一致。その一方で、会員の意見を踏まえて対応を検討する考えをそろって示した。


【関連記事】
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
日医会長選に4人が立候補
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)
毒ギョーザ 押収注射器から殺虫剤 会社への私怨による犯行?(産経新聞)
<治安改善支援>紛争後に警察OB派遣 まずスリランカ(毎日新聞)
インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)
posted by ヨコイ ダイ at 01:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出合いを求めているならココ!無料出逢いの決定版!退屈な毎日から抜け出せるチャンスがここに!日頃出合いが無いとお嘆きの方、お困りの方は当サイトにぜひ!ご利用するだけで素敵な出合いが体験できること間違いなし!
Posted by 無料出逢い at 2011年04月23日 19:59
話題の出会い専門のSNSサイトがついにオープン☆今までの普通の出会い系サイトとはひと味違う全く新しい出会い方で人気を呼んでいます♪今、本当に出会いたい人のためのSNSサイトで新しい恋、探しませんか?
Posted by SNSサイト at 2011年04月29日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。