2010年03月27日

元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)

 自民党の川崎二郎国対委員長は25日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる虚偽献金事件で在宅起訴された首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告の判決が確定した場合、首相の実母から提供された資金の使途を記した資料を開示するよう首相に要求していくことを明らかにした。

 川崎氏は「これまで鳩山首相や小沢一郎民主党幹事長を辞任に追い込めなかったことは誠に残念だ。今後の国会審議を通じ、首相らをどう追い込むか、民主党の体質をどう追い込むかが大きな課題だ」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
鳩山首相の偽装献金問題 ずさんな資金管理次々と
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
党首討論 首相、小沢氏の国会説明を進言へ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)
名神高速道路で追突事故、出火して2台全焼(読売新聞)
<自民党>「地球温暖化対策基本法案」の対案を提出(毎日新聞)
機密費全面公開に否定的=「国益にプラスなのか」−平野官房長官(時事通信)
与党慣れせず、ヤジに過敏…閣僚に簗瀬氏苦言(読売新聞)
posted by ヨコイ ダイ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。