2010年02月28日

がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンは2月25日、スウェーデンのオレクソ社から導入したがん性疼痛治療剤KW-2246を厚生労働省に承認申請したと発表した。

 KW-2246は、がん性疼痛の持続的な管理時に起こる急激な痛み(突出痛)に対する治療薬。体内のオピオイド受容体に結合し、痛みを鎮めるフェンタニルの舌下錠。同社によると、現在、国内で突出痛に対する治療にはモルヒネやフェンタニルなどの注射剤が使われているが、舌下錠はない。海外では英国やドイツなどで販売されているという。

 承認取得後、久光製薬と共同販売する。両社では、久光製薬が承認申請中のフェンタニルの経皮吸収型製剤HFT-290 についても共同販売することにしている。


【関連記事】
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン
慢性痛に関する検討会が初会合―厚労省
痛みは “がん”だけじゃない―慢性痛に理解を
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設
【中医協】有床診の後方病床機能を評価

西大寺会陽 宝木を奪い合う 岡山の奇祭500年(毎日新聞)
<死体遺棄>凍った乳児2遺体 愛知のスーパーに(毎日新聞)
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待−名古屋大(時事通信)
就職内定率 高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
「環境税と排出量取引の議論は同時に」小沢環境相が温暖化対策で強調(産経新聞)
posted by ヨコイ ダイ at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。